高円寺にもバンクシーの絵があった

Posted on

僕は、バンクシーを知らなかったんですが、
最近、バンクシーの絵が都内にあった的な話題が上がっており絵を見て思い出したんです。

バンクシー (Wikipediaより)
バンクシーBanksy, 生年月日未公表)は、イギリスロンドンを中心に活動する覆面芸術家社会風刺グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。大作を短時間で描くことから、複数人によるグループ説もある(「身元」で詳述)。2018年時点で現存する作品は英国外を含めて約170ヵ所[1]2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。

2015年6月に高円寺北口の路地で、puff noideの当時のメンバーでのアー写撮影をしていました。
撮影ポイントを探し色々なところで撮影していたのですが、
普通の路地に魅力的な絵が描かれた壁があったんです。
ストリートアートの文字は良くある感じですが、
女の子の絵が可愛らしく魅力的で、とりあえずそこで何枚か撮影をしました。

この写真です。

cameraman: kana tarumi
Twitter @tarumikana

撮影後に僕のインスタにアップした写真がこれです。

バンクシーの絵かもしれないという反応はなかったです。

内緒のポーズをして拳銃を持った裸足の少女
恐らく、バンクシーの絵ではないかと僕は思ったのですが、どうですかね???
バンクシーの絵ではなくても、魅力のある絵でした。
ただこの絵は、一昨年ぐらいにあの絵まだあるかなぁて、
探したら、もう壁は塗装され消されていました。

アートの価値なんてわかりずらいものだと思います。
何が良いのか、悪いか、判断するのは誰なのか
過程が大変であるから、素晴らしい事もあるし、
技術があるから素晴らしい事もあるし。
努力を、そしてどれだけの情熱を、どういう人が注ぎ込んだか。
どう生きていくか。
生きざまを
誰かが、共感したり、心を動かす何かが必要とされている。
どこでどんな価値があるのかとても曖昧なもだと思います。

この絵がBanksyの絵であるならば、無知な家主が消してしまったわけで。。。
知らなければただの落書き

僕もバンドマンとして、ただの落書きではなく
誰かに必要とされるような表現をして行きたいです。
それと、感性や心の動きを素直に受け止められるようになりたいです。

そんな風に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です